• ホーム
  • 相互リンク集(リンクファーム)はなぜSEO的に良くないのか?

相互リンク集(リンクファーム)はなぜSEO的に良くないのか?

検索順位を向上するためにバックリンクを増やしたい、しかし自然なリンクがなかなか増加しないと困っている方は多いでしょう。立ち上げたばかりのサイトは検索で上位表示されにくいため、アクセス数が少なく自然なバックリンクが増加する機会もあまり得られません。しかしすぐにサイトの価値を高めたいからといって、リンク購入を行ったり相互リンクに頼ってしまうと、SEO的にはマイナスとなってしまう恐れがあります。

なぜ相互リンク、いわゆるリンクファームの利用はSEOにマイナス効果を与えてしまうのでしょうか。もともとリンク集やリンクファームは、ネットユーザーが自発的に設置するリンクによって誕生した仕組みでした。こうした仕組みが生まれた当初は、検索エンジンによって問題視されることもなかったといわれています。しかし徐々に、リンク集やリンクファームを使って検索エンジン結果を操作するスパム的な行為が行われるようになりました。SEO効果をうたい、リンクを販売するようなサービスが登場したのです。さらにリンク集を自動生成し、バックリンク効果を狙うようなSEO対策手法も横行しました。検索エンジンはこれらの行為を問題視し、厳しい取り締まりを開始したのです。

現在、大手検索エンジンGoogleは検索順位の操作を目的としたリンクファームの利用をガイドライン違反としています。価値のない自動生成されたリンク集なども、スパム行為とみなされペナルティ対象となる可能性があります。当然リンク購入も明確なガイドライン違反であり、禁止行為の一つです。これらの行為はすべてランキング操作を目的とした過剰なSEO対策とみなされ、検索エンジンによるペナルティ対象となっています。

目的を持って作成された意味のあるリンク集からのバックリンクであれば、ペナルティ対象となる可能性は低いでしょう。しかしSEO対策のみを目的としているページや、内容のないコンテンツからのリンクは、良い結果をまねきません。スパム的なサイトからのバックリンクは、積極的にシャットアウトしたほうが良いとされています。

検索エンジンのガイドラインで明確に禁止されている行為を行っても、SEO効果を得ることは決してできません。むしろペナルティ対象になることで、検索結果から消えてしまう可能性すらあります。バックリンクによるSEO対策は何よりも質を重視した上で、慎重に行っていく必要があるでしょう。