• ホーム
  • 手動ペナルティはバックリンクが原因

手動ペナルティはバックリンクが原因

スマホの画面ぬにあるSNSアイコン

検索エンジン対策を行う上で無視できないのが、手動ペナルティの存在です。ペナルティ対象になってしまうと、突然検索順位が著しく低下したりインデックスを消されてしまうことになります。検索エンジン経由からの集客がほとんど期待できなくなってしまうため、サイトのアクセス数が大きく減少してしまうでしょう。

手動ペナルティの対象となってしまう原因は、多くの場合バックリンクにあるといわれています。低品質なバックリンクが増加することによって、検索エンジンからスパムサイトと見なされてしまい、手動ペナルティを受けることになるのです。

大手検索エンジンGoogleが公開しているウェブマスター向けガイドラインには、サイトを運営する上で注意すべきポイントが、いくつかまとめられています。このガイドラインに違反するような外部リンクは、過剰なSEO対策と判断されてしまうため、しっかりと注意しておきましょう。

自作自演はもちろんのこと、アダルトサイトや自動生成されたサイトからのバックリンクもスパム行為と見なされる可能性があります。またサイトのコンテンツと関連性が薄いページからのリンクや、不自然なキーワードをアンカーテキストとして盛り込んだリンクも、ペナルティ対象になる可能性が高いでしょう。

ペナルティ対策の難しいところは、自作自演にリンクでなくとも、スパムと判定されるリスクがあるという点です。一部のアダルトサイトや悪質なスパムサイトは、リファラースパムのためにサイトのアドレスを収集し無差別にバックリンクを行うことがあります。それを放置していると、全く関連性のない悪質なサイトから送られるバックリンクが増加していき、ガイドライン違反とみなされるリスクがあるのです。定期的にリンクの状況を確認し、海外サイトや多言語サイトからのバックリンクを精査しておく必要があるでしょう。

一旦手動ペナルティによって検索順位を引き下げられたり、インデックスを削除されてしまっても、対策をすれば回復することができます。しかし、順位の向上やインデックスの再登録には、少し時間がかかってしまうかもしれません。できるだけ事前に不審なリンクをチェックし、ペナルティ対象にならないよう予防対策をしていくことが大切です。見慣れないアドレスからのリンクが急に増加している、そんな場合にはリンク元サイトのドメインや言語を確認し、問題があるようなら早めに対策を行いましょう。