• ホーム
  • ブラックハットSEOって何?

ブラックハットSEOって何?

ブラックハットSEOとは、検索エンジンのアルゴリズムを分析し、不正行為によって検索順位の向上を狙う行為のことです。Google検索が提示するガイドラインに違反した行為ですので、ペナルティを受けるリスクがあります。

大手検索エンジンであるGoogleは、常にユーザーの利便性を重視してランキングを決定しており、ガイドラインに違反する不正行為に対しては厳しい対処を行っています。昔は検索エンジンの精度があまり向上していなかったため、ブラックハットSEOによる対策が一定の効果をもたらすこともありました。しかし検索エンジンのアルゴリズム更新によって精度が高まり、現在はブラックハットSEOを行ってもほとんど効果を得られないといわれています。仮に一時的な効果を得ることができたとしても、すぐにアルゴリズムの更新によって手法が解析され、インデックス削除等の厳しいペナルティを受けることになるでしょう。

Googleがガイドラインで禁止している不正行為には、様々な種類があります。その代表的なものとして、有料リンクやリンク集によるバックリンク対策が挙げられるでしょう。こうした不自然なリンクは過剰なSEO対策およびスパム行為とみなされ、厳しいペナルティを受けるリスクがあります。

隠しリンクや隠しテキスト、不正なリダイレクト等もブラックハットSEOの一種です。ユーザーからは見えない形でキーワードやリンクを配置し、検索エンジン対策を行うといった手法になります。検索エンジンからペナルティを受けないためには、可読性の高さに配慮してテキストの表示を行う必要があるでしょう。テキストの色と背景色が同色となっている場合、意図的な行為でなくとも不正とみなされる可能性があります。

自動生成された文章にキーワードを詰め込み、検索エンジンを欺こうとするワードサラダといった手法も、危険なSEO対策だといえるでしょう。自動生成された価値のないコンテンツやリンク集は、検索エンジンにインデックスを削除されてしまう可能性があります。またそのコンテンツからバックリンクを受けているサイトもペナルティ対象になると考えてられます。

有料リンクや隠しテキスト、そしてワードサラダなど検索エンジンからブラックハットSEOとみなされる行為には様々な種類があります。検索エンジンはこうした手法を常に解析し、アルゴリズムに反映させているため、ガイドライン違反となるようなSEO対策は徹底的に避けたほうが良いでしょう。